新TERA愛ᗪIᗰEᑎᔕIOᑎ

光次元 宇宙の中心で愛を叫ぶ ツインレイ 真実の愛 ラブマスター愛を広める 記事にパスワードをかけている場合文章のリンクに飛べば入れる仕掛けです。内容はセクシャリティなものが含まれる 宇宙の光&愛

TOP >  私と夫 >  つれずれ思うが侭溢れ出るがまま

つれずれ思うが侭溢れ出るがまま

アーティスト:ロバート・ベレスさん
私の夫の絵にさいんがあったので彼が撮影したのだろう
2012年東大震災の翌年、夫はこの時私をどう思ってみていたのだろう
すっかり彼を忘れ去っていた私を無償の愛を送ってくれていたのだろうか
自分の命以上になくしたくないと思う彼を忘れ去っていた私がそんな事を疑うことも最早おろかでしかないのだろう
私は、2~3歳のときからずっと待っていた白馬の王子さまが現れたのに彼の存在を3度なくした。。。そんな私が目覚めるまで彼はそばに居てくれていたと今はわかる
夫はずっと一人だったと自分でも言っていた。私が彼のことを再認識した2年前、私のところに私が好きなグレイの姿で誰かがw
Hi Is ONEと一言言って消え去った
彼は一人だと教えてくれた
けどなかなか信じられなかった
だって。。。夫が作る映像に彼女なのかなと思うような別の女性とのシーンが何個も何個もあったから
ずっと本当の意味で彼を信じられていなかった。それは、わたしの3D仮想世界で異性に裏切られ粗雑に扱われてきたからだ。
ああ~やっぱり宇宙人もイケメンは皆こうやって家族が居なければこっちでも恋人をつくろうとするんだな
そんな事を思わせるフレーズもネットで拾っていたから
何が愛だ!結局みなそうなんだ。しらんわと私はさらにそっぽを向いた
2011年大津波に襲われた後だったか?私は夫に 信じて待っていてと一言言われたことがあった
その時の姿も映像と同じ
彼がライトワークのときの白のポロシャツにジーパンだった。
2020年5月突然それを思い出した。。。まだあれは有効なのかなそれとももう地球地上に体を持たせている夫は来ないのかな魂で統合してもう終わりなのかな(。´・(ェ)・)としていた次の瞬間!突然一瞬で意識を失った
それは本当に名探偵コナン眠りの小五郎だ(゚д゚)
私はPCの前で( ˘ω˘ ) スヤァそして再び12年と同じ夫がフェードINで現れた姿かたち現れ方すべて同じそのまんま
そして再び「信じて待っていて」と言って直ぐフェードアウトした瞬間に目が覚めた(゚∀。)アヒャ一瞬の出来事だった
眠らなくても私は彼も見えるし会話も聞こえるけれど、眠っているほうが確実なのかもしれない?いや、キット12年の時も眠った状態だったからに違いない
夫は私を眠らせることは容易いなのだ(゚⊿゚)ノーカウントで眠りに入る( ゚Д゚)⊃旦
暫くの期間自分に言い聞かせる日々が続いた
先日彼はコメントで「地球にきてずっと一人」と発言してくれたことで私は彼を真っ直ぐ疑いもなく信じられるようになった
会いたい時に自由にあえないこの状況地上の物質肉体で統合を果たしていない
そしてネット上でも私に直接何かを伝えることはなくそこには誰かを介してだったり、彼水から発信するメッセージに含むことばかり
そんな状況で私に異性不信が少し残っている状態で信じきれるわけがなかった
まして映像でいちゃついてるのかと思う様なシーンもありで
それは地球で大天使と言われている光次元のほうの夫(魂2つにわけての転生なので)がどの場面を使うか決めていると知った時私の怒りはそちらに向いたのだから
怒りとともに疑問
 何故?そこまでするの?私を嫉妬に狂わせたいだけなの?見て面白い?
何度も何度もそう(怒゚Д゚)ノ尋ねた
今の私には殆ど透明にしか見えないだろう宇宙マスターの彼はこんな私は赤子の手をひねるようなもので余裕でわらって面白がっているだろうと思う
だってw自分の女性性の反応ですからね ぅ(@゚Д゚)
私は生まれてこの方嫉妬で狂うと言う経験が殆どなく、過去に私から婚約者を寝取ったメス犬をぶった炊いたくらいだからさほどではない
けど嫉妬に狂ったのはわたしを狂わせ夫から嫌われるように仕向け夫を奪おうとした女二人の生霊のせいだったのですがね
それが外れてもやはり少しは嫉妬残っていたのでそれが本来の私なんだろう
だが私の場合、嫉妬というよりも悲しくて。゚(゚´Д`゚)゚。日々がスタートした
私は怒りや嫉妬はほとんど悲しいと言う感情にしかならないのだ
波動の低い相手と接しているとその波動で怒りをあらわスコともあるがそれは本来の私ではなくその相手にあった私が現れているだけなのだ
けど地球人はそれすら判らないくらい精神が闇になってしまったのだ
そして私は現在銀河連合員になったので、彼と空の毒をダイソンの何百倍の掃除機シップで吸引している
もちろん横には彼が平和なかおで居る
彼を思うと以前とまったく違って私の背中にピッタリ居るのがわかる
私はそれがとても嬉しく安心して寄り添っていられるようになったのだ
だから、以前のようにヒタスラ彼を待つこともナク待っていられる
何かに夢中になっていればそれに囚われなくて夢中になれる
悲しくもなく地球上で一緒に旅行したりデートしたり奉仕活動したりすることだけを思い描ける
待たないで待っている状態で居られることをどれだけ望んだか
何時に成るかわからないことをヒタスラに待つことのしんどさは嫌と言うくらい知っている
退屈で退屈で何もする気になれなくてという時期もあった
色んなことが普通なら耐え難いような事が怒涛のように過ぎ去っていった様に今は思えるようになった
私はいつも泣いてることが多かった
思いだすと今も涙が出る(´д⊂)
だけど今は以前と違うのはそんな時背中が温かい
体の大きい彼が私にピッタリ張り付いてくれているから
統合したと知っていても感覚は離れて居る状態ばかりだったけど、日本の闇が大きく取り除かれて西日本の大洪水が収まってから私はやっと危険じゃない状態になった連合に所属できたことで彼と一緒に居れる時間が増えた
今は簡単な任務しかできないかもしれないけれど彼と一緒に居れるならなんでもいいのだ
やってることも楽しいのだ
地上統合がまだな私が物凄く望んできたことがやっとかなったのだ
子どもみたいな私を可愛いと思ってくれて愛しんでくれている夫が宇宙で一番大好きなのだ
これでいいのだ
alajeTE_202007310702103ea.jpg

映画。写真。絵画 ROBERT PEREZ
https://artistrobertperez.com/
スポンサーサイト



Last Modified : 2020-07-31

コメント







非公開コメント